木, 12月 29, 2005

“Annie Hall” by Woody Allen

Posted in movies @ 1:03 by jayo

Annie Hallを観た。Woody Allen作品の中でも、Woodyっぽい。独特な構成の中にシニカルなジョークと、リアルな感情描写。

舞台はNY。売れないコメディアンのAlvy Singer (Woody Allen) と歌手を目指すAnnie Hall (Diane Keaton) が主人公。出会って、付き合い始めて、一緒に暮らして、歯車が狂っていって。

Woodyがカメラに主人公の感情を話すってスタイルが、独特。Alvyが子供のときのシーンとか、映画館で薀蓄を披露したがる男がでてくるシーンとか。 なぜか、Eminemの”Guilty Conscience”のPromotion Videoを思い出したりもした。表面のストーリラインと感情の流れが交差してるからかな。AnnieとAlvyの会話シーンの字幕で、頭の中で考えてる ことがでてくるのも、そういう手があるんだって感じ。

彼のジョークは、やっぱりシニカル。人生を悲観したような内容はもちろん、幸せそうなカップルにインタビューするとアタマが空っぽとか。Jewishギャグも、思い切りが良くて気持ちいい。

この映画は身につまされるようなリアルな状況を見せてくれる。AlvyがAnnieにやたらと本や教育を薦めたり、他の男に嫉妬したり、人付き合いを嫌 がったり、分かれた後で未練がましかったり、他の女の子とAnnieを比べたり。笑いながらも、自分のことを考えて恥ずかしくなってしまう。で、終わりに はAlvyとWoodyが一緒くたになって、Woody自体に親近感を覚えるってわけ。

“There’s an old joke – um… two elderly women are at a Catskill mountain resort, and one of ‘em says, “Boy, the food at this place is really terrible.” The other one says, “Yeah, I know; and such small portions.” Well, that’s essentially how I feel about life – full of loneliness, and misery, and suffering, and unhappiness, and it’s all over much too quickly.” (Woody Allen, 1977)

広告

月, 12月 5, 2005

The Curse of the Jade Scorpion

Posted in movies @ 0:48 by jayo

Woody Allen“The Curse of the Jade Scorpion”(邦題:スコルピオンの恋まじない)を観た。

舞台は、40年代のNew York。難事件を次々解決してきた保険調査員、CW Briggs (Woody Allen)と業務改善に乗り込んできたBetty Ann Fitzgerald (Helen Hunt)。 犬猿の仲の二人は、ヒスイのサソリの催眠術にかかり、その間だけお互いを大好きに。一方その後、宝石盗難事件が次々と発生してしまう。自分のやり方で解決しようとするCWと現代的な方法を信じるBetty Annはそこでも衝突するけれど、、、っていうお話。

この作品のエンディング、小洒落た感じで大好き。全体に音楽がいいし、Woodyのせりふも面白い。穏やかで軽い雰囲気が漂ってる。それでいて、 Woody Allenっていいこと言ったりする。男を見る目のないBetty Annに「アタマで考えてるからうまくいかないんだ。心で感じるものなのに。脳細胞はアタマでじっとしてるだけだけど、血は全身を駆け巡ってるから視野が 広い。」だって。

Woody Allenっていい。ちっちゃな言葉の端々になんだか親近感を感じてしまう。もっといろいろな作品を観てみなきゃ。彼のよさに気づいたShadow and Fogも。