木, 12月 29, 2005

“Annie Hall” by Woody Allen

Posted in movies @ 1:03 by jayo

Annie Hallを観た。Woody Allen作品の中でも、Woodyっぽい。独特な構成の中にシニカルなジョークと、リアルな感情描写。

舞台はNY。売れないコメディアンのAlvy Singer (Woody Allen) と歌手を目指すAnnie Hall (Diane Keaton) が主人公。出会って、付き合い始めて、一緒に暮らして、歯車が狂っていって。

Woodyがカメラに主人公の感情を話すってスタイルが、独特。Alvyが子供のときのシーンとか、映画館で薀蓄を披露したがる男がでてくるシーンとか。 なぜか、Eminemの”Guilty Conscience”のPromotion Videoを思い出したりもした。表面のストーリラインと感情の流れが交差してるからかな。AnnieとAlvyの会話シーンの字幕で、頭の中で考えてる ことがでてくるのも、そういう手があるんだって感じ。

彼のジョークは、やっぱりシニカル。人生を悲観したような内容はもちろん、幸せそうなカップルにインタビューするとアタマが空っぽとか。Jewishギャグも、思い切りが良くて気持ちいい。

この映画は身につまされるようなリアルな状況を見せてくれる。AlvyがAnnieにやたらと本や教育を薦めたり、他の男に嫉妬したり、人付き合いを嫌 がったり、分かれた後で未練がましかったり、他の女の子とAnnieを比べたり。笑いながらも、自分のことを考えて恥ずかしくなってしまう。で、終わりに はAlvyとWoodyが一緒くたになって、Woody自体に親近感を覚えるってわけ。

“There’s an old joke – um… two elderly women are at a Catskill mountain resort, and one of ‘em says, “Boy, the food at this place is really terrible.” The other one says, “Yeah, I know; and such small portions.” Well, that’s essentially how I feel about life – full of loneliness, and misery, and suffering, and unhappiness, and it’s all over much too quickly.” (Woody Allen, 1977)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。